インプラント治療も万能ではなく、基本的にはインプラ

インプラント治療も万能ではなく、基本的にはインプラント以外の治療はできないという患者さんが受ける治療です。
クラウンやブリッジの支えになる歯がない、噛み合わせや、噛む力が義歯では得られないなどで必然的にインプラント治療になる患者さんが多くを占めます。
インプラントと入れ歯との違いが気になるところですが、インプラントの場合、噛み心地は自分の歯に近く食べ応えがあるので、食事が確実に美味しくなります。
成功すれば満足感が大きいインプラント治療ですが、それと裏腹のデメリットもあります。
まず、ほとんどの場合、他の歯科治療より費用がかかります。
難しいケースでは数十万円かかるケースもまれではありません。加えて、治療が失敗して健康被害が起きると、かなり深刻化する危険性も承知しておいてください。障害が残るばかりか、治療によって死亡したケースもありました。
他の歯科治療と同じように、インプラントにも失敗のリスクはあります。
では、失敗はどのような問題を引き起こすかというと、人工歯根があごの骨となじまない、破損などという人工歯そのものの問題、細菌感染やアレルギー等によってあごの骨が腫れる、痛むといった身体的問題、あるいは歯並びが悪くなる、あごの骨が変形するなど審美的な問題が起こることもあります。このような危険をできるだけ避けるために、くれぐれも実績のある歯科医を選ぶようにしましょう。
どんな歯科治療でも費用は気になりますが、インプラントの場合、治療全体を通して、相当な出費になります。
保険適用の可能性もゼロではありませんが、厳しい条件を満たさなければならず、検査など、治療の一部しか保険がきかないのが高額の負担を避けられない理由です。安い材質、安い治療で済ませても十数万円、もし難度の高い治療が必要になるとすると数倍の費用がかかるケースもあることを肝に銘じておかなければなりません。インプラント治療の問題点を様々な情報ツールで調べたと思いますが、その情報の中に、インプラントを埋め込んだ人は、頭部MRI検査は不可といった話を聞いた方もいるでしょう。
しかし、それは正しくありません。MRI検査とは、身体に磁気を当てて画像を作ることです。
身体に埋め込んだ金属が反応すると、必要な画像が得られません。しかし、インプラントは主にチタンが使われているので金属ですが、磁気には反応しません。
なので、MRI検査には影響ないと考えてください。
豊橋市でインプラントならヒロデンタルクリニック【安全と信頼のインプラント】

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ