よくいわれるインプラント治療

よくいわれるインプラント治療のメリットですが、仮歯を入れた後、義歯だとわかることはまずありません。
あごの骨とくっつき、歯茎から生えた人工歯なので、見た目も義歯に見えない自然さで他の人に自分から言う必要もないのでもしかしたら義歯かと思われる心配も考えなくて良いのです。
自分の歯と変わらない見た目を選ぶ方にはおすすめしたい治療法です。現在、インプラントの人工歯根はチタンが多くなっています。
骨との親和性が高く材質やコーティングの進歩によって、アレルギーもほとんど起こらなくなっています。
インプラント治療開始前にはCTや、レントゲン、口腔内検査といった頭部全体のいろいろな検査を実施し、その結果を見て治療に取りかかるため患者も納得し、安心して治療を開始できます。
そして、治療終了後のメンテナンスを積極的に患者が歯科医と連携しながら行っていけば安全で、快適な使用が続くことを期待できます。
ある程度の規模の歯科医院で、普通の外来診療のみで行うありふれたケースのインプラント治療治療も院内感染の可能性は否定できません。このため、歯科医院を探すときに院内感染対策をどうしているかきちんと知ることがキーポイントの一つです。
感染症対策について、具体的な取り組みをホームページ上で公開している歯科医院も確実に増加していますので、真っ先に見ておきたいところです。
どんな治療法にもリスクや問題はありますが、インプラント治療の最大のリスクは失敗すると、やり直しが非常に困難な治療だということです。
義歯の中でも、入れ歯やブリッジと違い、インプラント治療をあごの骨に埋入し、組織を作って定着させる治療なのでインプラントと骨の間に自前の組織が形成されず、インプラント治療が定着しなければ同じ穴に再びインプラントを埋入することができず、再手術して、骨をさらに削って修復するという治療しかなくなります。また、あごの骨を掘ってインプラント治療を埋入するため、手術時に神経を損傷する危険を伴います。
インプラント治療が虫歯になることは絶対ありませんが、だからといってメンテナンスをしなくて良いとは誰も言っていません。
インプラントを維持するためには、小さな異変でも放っておけませんし、食べかすを放置すれば歯茎が細菌感染して当然、歯肉炎や歯周病は起こり得ます。残存している歯と同様に歯科医に指示されたブラシなどがあればそれも使い、毎日のケアで口腔内の清潔を維持してください。
異常の有無に関わらず、歯科医院で定期的なメンテナンスを受けることが必要です。どんな治療でもそうですが、インプラント治療治療で重要なことは検査からメンテナンスまで、安心して任せられる歯科医に出会えるかどうかです。インプラント治療埋入などの技術に優れているかどうかはもちろん、どのような検査を行って、検査の結果をどう見るか、手術後のアフターケアはどうかなどで全て歯科医の腕に任されているので差は大きいと断言できます。この治療は、歯科医の技量が、治療成績を大きく左右する治療法だということを理解してください。とにかく入念に、歯科医選びをすることが治療全体の大きな部分を占めます。
代表的なインプラント治療適用のケースは、他の健全な歯を傷つけるのは避けたいという患者の希望がある場合です。
例えば、ブリッジで義歯を入れようとするとブリッジの支柱になる両隣の歯を削ることになりますが、これが、インプラントの埋入なら失った歯だけを根元から再生する治療になります。両隣の歯を削って支えにするのはもったいないという事情のケースなら、歯科医からインプラント治療をすすめられるはずです。
インプラント治療治療によって義歯が使えるようになるまで、3つの段階に分けられます。
第一に、歯茎を切り開き、あごの骨を削って人工歯根を埋め込む、あごの骨、及び周辺組織と人工歯根がなじみ、定着するのを待ちます。
第三段階では、歯根にアタッチメント(連結部分)を接続し、さらに義歯をかぶせて完成というプロセスをたどります。
時間を要するのは、人工歯根の周りに組織ができて骨にしっかり定着するまでで約2ヶ月から6ヶ月見ておかなければなりません。このため、インプラント治療治療を始めてから義歯を使えるようになるまで、最短で3ヶ月、最長で10ヶ月ほど必要になってくるわけです。耐久性の面で、インプラントはどうかというと、長期間の使用例が少ないため定説になっていませんが、治療後のメンテナンス次第で自分の歯と同じくらい保つとされています。ということは、日頃のケアを欠かさなければ長い間自分の歯と同じように使えますが、ケアが十分でなければ歯周病など、異常が起こることがあるという押さえが必要です。インプラント治療治療を始める前に治療費は総額でいくらか、深刻な問題だと思います。実は、かかる費用は歯科医院それぞれで幅があるのが普通です。
インプラント治療治療はほとんど自由診療のため、費用設定は歯科医院に完全に任されています。
ただし、おおよそ相場は決まっています。
インプラント治療一本の場合、安くて30万円ほど、高ければ50万円ほどが相場だと押さえておきましょう。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ