インプラント埋入手術では局所麻酔を使います。入院して手

インプラント埋入手術では局所麻酔を使います。
入院して手術することはまれです。出血が止まりにくい病気や、循環器系の持病がある場合は、入院設備のあるところで、一晩様子を見ながら手術を行うこともあります。
加えて、インプラントを支えるのに十分な骨の量がないと、埋入の前に骨移植が必要になることもあります。腸骨などの自家骨を採取し、骨が薄いところに移植するという手術では、入院して手術するケースも実際にあります。
もし、自分が該当すると思われるなら信頼できる歯科医とよく話し合った上で、治療計画を立てていってください。
歯科治療で手術を受けたことがない方には、インプラント埋入手術はどれだけ痛いだろうと心配になると思います。
麻酔技術の進歩で、インプラント埋入手術で痛くて我慢できないことはまずありません。
麻酔が効いたことを確認した上で埋入手術を始めるためです。術後、腫れがでるのに伴って多少の痛みはあるかもしれませんが痛み止めの頓服薬を処方されることが多く、痛みを我慢できないというケースはほとんどありません。
歯科治療のインプラントとブリッジ、どこが違うかといえば、そもそもインプラント治療とは何かというと、あごの骨に開けた穴にインプラント体と呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上に義歯をつけます。一方、ブリッジ治療では、義歯を支えるため、両側の歯を支柱のように削り、上からブリッジをかぶせるのです。ですから、見た目を考えれば多くのケースではインプラントが高い評価を得るでしょう。さらに、ブリッジ治療を選ぶと、ブリッジのために両隣の歯が犠牲になるという覚悟もしなければなりません。
忘れてはいけないこととして、インプラント治療を始める前にあごの骨に病気や障害がないかどうか確認してください。特に、歯周病や顎関節症の既往症があれば、治療開始前に既往症を完全に治しておくのは必須です。美容整形や外傷などで、あごの骨を削った経験がある方も治療が事故につながる可能性があります。こうした病歴があっても、直ちに治療できないといわれる可能性は低いため歯科医とよく話し合うことを心がけましょう。
インプラント治療の終了は義歯が問題なく使えるようになったときですが、その後も定期的に歯科医に診てもらう必要があるため当然、その度に費用を支払います。普通は、三ヶ月に一回のペースで歯科医のチェックや衛生士によるブラッシング指導を受けます。定期検診にかかるお金は保険が適用される治療がほとんどを占めるためたいていは三千円程度に収まります。
標準的には、一年に1万円から2万円程度の費用を支払うことになります。
現状では、インプラント治療ができる歯科医院でも、全ての人に治療しているわけではなくレントゲンやCT検査の結果、その先へ進めないこともあります。
けれども、その理由が「あごの骨に強度や厚みが足りない」とか、「インプラントと義歯を入れるだけのあごの余裕がない」といったことであれば治療をあきらめるのはまだ早いのではないでしょうか。
最新の設備を備えた歯科医院で、技術を持った歯科医にかかれば以前なら、インプラント治療は不可能とされていた症例でも治療可能になっています。
よく調べて、最先端の治療が受けられる歯科医院を探すことが必要です。
インプラント埋入手術では、人工歯根を骨に埋め込み、定着させるのでほとんどの患者さんは、手術後、違和感を感じるのが普通です。腫れがおさまると違和感は薄れるため変な感じがしても、触ったり刺激するのは止めるようにここはぐっと我慢してください。もし、十日以上経っても全くなじんでこない場合や、痛みが続いていたり、腫れや出血が止まらなかったりする場合、原因がどこにあるのか探り、適切な対応をすることが必要です。
我慢しなくて良いので、歯科医の診療を受けましょう。長い期間と費用をかけたインプラント治療は、治療後も快適な状態を維持するためにデンタルケアを欠かさないことが重要です。食後の丁寧な歯みがきによるプラークコントロールに注意を払い、さらに歯科医の検診を定期的に受け、歯科医や衛生士に指導してもらうことが、インプラント維持のために必要です。インプラントが虫歯になることはありませんが、日頃のケア次第でいずれ歯周炎などを引き起こすことになります。
ご存じの通り、インプラント治療はほとんど全額自己負担で、健康保険は適用されません。しかし、医療費控除の対象ではあります。
手間はかかりますが、年一回の確定申告によって医療費を収入から引くサービスを受けられます。
確定申告で医療費控除を受けたい場合、歯科医でお金を払ったときにもらう領収書が医療費の支払い証明になるので絶対再発行されないと肝に銘じておき、保管しておくことをすすめます。金属でできたインプラントを骨に埋め、周辺組織で固めるといっても、それによって金属アレルギーを起こすことはまずありません。
人工歯根はチタンが多く、他の部分もセラミックや金などアレルギーをきわめて起こしにくい素材を使っているためです。ほとんどのインプラント治療は保険がきかず、ほぼ全額自費とみるべきです。
ですから、経済的な負担を最低限にするためにも、金属アレルギーの患者さんは治療開始前に歯科医とよく話し合う方が不安や誤解がないでしょう。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ