今のところ、インプラント治療の歯根部はチタン製が主流で

今のところ、インプラント治療の歯根部はチタン製が主流です。金属の中では、骨との親和性が高い方でアレルギーも起こりにくいとされています。
もちろん、治療を始める前にはCT検査、レントゲン検査、口腔内検査など一通りの検査を行い、治療適用が妥当となったところで治療に取りかかるため安全性を確認しながら治療を受けられます。
また、治療そのものと同じくらい大事なメンテナンスを患者と歯科医が連携して進めていくことで、より快適に、長期間使えるようになるのです。全てのインプラント治療患者にとって、どのくらい費用がかかるか心配だと思います。
実は、かかる費用は歯科医院それぞれで相当な開きがあります。
保険適用外がほとんどであるインプラント治療治療は、費用設定は歯科医院に完全に任されています。それでも、相場はあると言えます。
インプラント治療が欠損歯一本分とすれば、30万円ないしは50万円くらいというのが一般的です。
インプラント治療には隠れたメリットがあります。
仮歯を入れた後、義歯だとわかることは本当に少ないという点です。根元から再生しているので、見た目は自分の歯と同じように自然な感じを保てるのでこれは義歯だと自分から言わない限り、これは義歯だと思われることもまずないと思って良いでしょう。
前歯など、自然に見せたい歯の場合は最適な治療と言えます。
インプラント治療治療が難しいとされる最大の理由は、治療に失敗した場合、再度同じ治療を行えなくなる点です。
義歯の中でも、入れ歯やブリッジと違い、人工歯根とあごの骨は、周辺組織で完全に結びつかなくてはならないのでインプラント治療と骨の間に自前の組織が形成されず、骨とインプラント治療がしっかり結びつかなければ、再手術を迫られ、骨を大きく削り直すことになります。埋入するのもリスクがあって、周辺の神経を損傷する危険性もあります。一般的な規模の歯科医院で、外来診療を受けた特殊な施術を伴わないインプラント治療治療であったとしても院内感染の可能性は否定できません。ですから、歯科医院を決めるときにその医院の感染症対策についての取り組みを知っておくことが治療の成否に関わる問題です。院内感染防止は歯科医院でも重要な問題と認識されているため、方策についてホームページ上で公開している歯科医院もごく普通になっているので、調べるときは参考になるでしょう。
インプラント治療治療によって義歯が使えるようになるまで、大きな3つの関門があります。一番に歯茎の切開、あごの骨へ人工歯根を埋入、あごの骨の中に人工歯根がしっかり定着するのを待ち、それからアタッチメントという連結部分をはめ込み、義歯をつける、というのが大まかなプロセスです。
どこに時間がかかるかというと、インプラントの埋入後、周りの組織となじんで骨に結びつくまででこの間、2ヶ月から6ヶ月、じっくり待っていることが大事です。インプラント治療の開始から、本格的な義歯を入れるまでに短めなら3ヶ月ほど、長いと10ヶ月に渡る治療期間を要します。
他の歯科治療同様、インプラント治療で大事なのは検査からメンテナンスまで、安心して任せられる歯科医に出会えるかどうかです。治療に必要な技術を身につけていることはもちろんですが、どのような検査を行って、検査の結果をどう見るか、手術後のアフターケアはどうかなどで歯科医の腕次第でかなり治療実績には差があると考えられます。
インプラントは、他の治療に比べても、歯科医による結果の差が大きい治療法だと言えます。
歯科医選びに全力を尽くすことがインプラント治療治療の結果を左右するのです。
インプラント治療は決して虫歯になりませんが、お手入れなしで長持ちするとは誰も言っていません。傷ついたらすぐに歯科医にかからなくてはならず、食べかすが歯垢となり、炎症を起こすと歯周病で、インプラント治療を維持できなくなることが考えられます。
残存している歯と同様に歯科医に指示されたブラシなどがあればそれも使い、セルフケアは欠かさないようにしましょう。
異常の有無に関わらず、歯科医院で定期的なメンテナンスを受けることが必要です。歯科医にインプラント治療をすすめられるケースとしては、周辺の歯に関係なく治療したいといったケースです。
ブリッジ治療で義歯を入れるとすればブリッジの支柱になる両隣の歯を削ることになりますが、これが、インプラント治療の埋入なら失った歯だけを根元から再生する治療になります。他の歯に影響を与えずに、失った歯を再生したいという希望がある方には他の治療法よりもインプラント治療治療がしっくりくると思います。
費用がかかるだけに、インプラントの耐久性が気になります。実際のところ長期間の使用例が少ないため定説になっていませんが、日頃のケアと、定期的なメンテナンスによって本物の歯に匹敵する耐久性があるというのが多くの意見です。
ということは、日頃のケアを欠かさなければ長期にわたって維持できますが、セルフケアの手を緩めるとすぐに歯周病などのトラブルが起きてしまうと考えなければなりません。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ