インプラントが固定され、義歯が不自由なく使えれ

インプラントが固定され、義歯が不自由なく使えればインプラント治療も終わります。
それからも歯科医によるメンテナンスは必ず必要になるので当然、その度に費用を支払います。
標準的なケースでは、三ヶ月に一回程度は歯科医に診てもらうことになります。
定期検診を受ける費用は保険がきく治療がほとんどなので、三千円くらいと考えてください。
特に異常が起こらない限り、年に1万円か2万円のお金がかかると見積もっておきましょう。様々な条件によって、インプラント適用になるとは限らず、検査の結果を見て、これ以上の治療はできないといわれることもあるでしょう。
しかし、理由として「あごの骨に十分な厚みがない」ことや「インプラントと義歯を入れるだけのあごの余裕がない」といったことであれば治療をあきらめるのはまだ早いのではないでしょうか。
歯科医が最新の技術を駆使できるだけの設備があればかなり困難なケースでも治療可能になっています。よく調べて、最先端の治療が受けられる歯科医院を探すことが必要です。少数の歯の欠損に対する治療としては、インプラントとブリッジが代表的です。
インプラント治療は、あごの骨を削って穴を開け、人工歯根を埋め込んでその上に義歯をかぶせます。ブリッジ治療とは、欠損した歯の両隣に残った歯を一周削って、上にブリッジをかぶせます。
見た目の問題を考えるとどちらかというとインプラントが優っていると考えられます。
また、ブリッジ治療は、健康な歯を犠牲にしなければならないという辛い面があります。
どんな完璧なインプラント治療でも、治療が終われば後はほっておいて良いわけはなく、デンタルケアを欠かさないことが重要です。毎食後に磨き残しがないようブラッシングして完璧なプラークコントロールが必要で、異常がなくても、定期的に歯科医院で診察してもらうことを続けなければなりません。
インプラントは虫歯にならないとはいえ、ケアが行き届かなくなると歯周病などのリスクが増します。重要な確認事項として、インプラント治療を始める前にインプラント埋入にあごの骨が耐えられるかどうか知る必要があります。
既往症に歯周病、顎関節症があるとすれば、治療開始前にその治療を優先し、完治してからインプラント埋入に取りかかる問題が生じます。
美容整形で、骨を削ってあごのラインを変えた方にも事故を引き起こす可能性が増します。
もちろん、こうした既往症があるだけでインプラント治療ができないわけではないため不安がなくなるよう歯科医に相談してください。
歯茎を切り開いて、あごの骨に穴を開けるといえば術中の痛みが怖いと思います。
どこの歯科医の手術でも、痛さを心配する必要はありません。局所麻酔とは言え、しっかり効いたのを確認してから本格的に手術を始めるためです。
麻酔が切れた後で、腫れてきたり痛みが出てくるケースもありますが、化膿止めとともに、痛み止めも処方されていますので激しい痛みが長く続くことはあまりありません。
人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、骨になじませるのがインプラント治療です。
ほとんどの患者さんは、手術後、多少の違和感があるといいます。
数日で腫れも引き、違和感も薄れてくるので腫れが気になっても、舌などで触るのは止めて我慢あるのみです。
しかし、術後十日を経過しても違和感に変化がない場合や、痛みの増大、腫れ、発熱などの症状がある場合は、早急に適切な対応をしなくてはなりません。
急患でも診療を受けることが必要です。残念ながら、インプラント治療は保険適用になることはまずありません。
全額自己負担が普通ですが、医療費控除は受けられるので、覚えておきましょう。
医療費控除を受けようとすれば、確定申告の期間中にすでに収めた税金を取り戻す申告をします。医療費控除を受けようとすれば歯科医を利用したときに必ずもらう領収書が支払いの証拠となるためなくしたらおしまいのものとして暦年単位で、大事に保管しておきましょう。人工歯根(インプラント体)を骨の中に埋め込むのがインプラント治療ですが、金属アレルギーを心配する必要はないでしょう。人工歯根の材料として、チタンやセラミック、金といったアレルギーの原因となることはほとんどない素材を使って作られているためです。
ほとんどのインプラント治療は保険がきかず、全額自費が当たり前のため、経済的負担は大きくなります。
ですから、経済的な負担を最低限にするためにも、金属アレルギーの患者さんは遅くとも手術の前までに、歯科医に確認しておくと一番良いでしょう。治療ではインプラント埋入手術が一番の山ですが、部分麻酔が使われ、入院して手術することはまれです。
ただし、糖尿病や心疾患など、麻酔や出血に関わる持病がある場合は入院設備のあるところで、一晩様子を見ながら手術を行うこともあります。
そして、インプラントを埋入する箇所に、十分な厚さの骨がないと、埋入の前に骨移植が必要になることもあります。自分の腸骨などを削って、移植する手術だと、手術が二回以上になる場合や、入院する場合もあります。
自分が当てはまるという方は、治療計画は、歯科医と十分に話し合って、慎重に決めていきましょう。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ