費用がかかるだけに、インプラント治療の耐久性が気

費用がかかるだけに、インプラント治療の耐久性が気になります。実際のところ歴史が比較的浅いのでデータも多くはありませんが、きちんとメンテナンスを行った場合は自分の歯と同じくらい保つというのが一般的な説です。
そうだとすれば、セルフケアと歯科医のケアによって長期間の使用も問題ありませんが、ひとたびケアを怠れば歯周病など、異常が起こることがあるということを肝に銘じておくべきです。
インプラント治療は歯根部がチタン製であることが多く、骨との親和性が高くアレルギーも起こりにくいとされています。
インプラント治療治療の適用には、頭部のCT検査をはじめ、様々な角度からのレントゲン、口腔内検査等、いろいろな検査を実施し、その結果を見て本格的に治療をすすめていくので安全性を確認しながら治療を受けられます。
治療が終わったところで、重要なメンテナンスを積極的に患者が歯科医と連携しながら行っていけば安全で、快適な使用が続くことを期待できます。
インプラント治療が適用されるケースとして、周辺の歯に関係なく治療したいという場合があります。
例えば、ブリッジで義歯を入れようとすると両隣の歯を削って支えを作らなければなりませんが、これに対しインプラント治療治療は、失った歯に見合った人工歯根を骨に埋めていくため、該当する歯の分だけ治療することになります。
他の歯を削って義歯を入れるのは抵抗があると要望があるケースでは他の治療法よりもインプラント治療がしっくりくると思います。
どんな治療法にもリスクや問題はありますが、インプラント治療治療の最大のリスクは治療に失敗した場合、再度同じ治療を行えなくなる点です。
義歯の中でも、入れ歯やブリッジと違い、人工歯根は完全にあごの骨と結合しなければならないので何らかの理由でインプラント治療と骨がなじまず、骨とインプラント治療がしっかり結びつかなければ、再度、大がかりな手術を行って骨をさらに削って修復するという治療しかなくなります。それに、埋入手術の際には埋入部分の周りで、神経を損傷するリスクは避けられません。ある程度の規模の歯科医院で、普通の外来診療のみで行うよくあるケースのインプラント治療でも、院内感染が起きないと言えません。このため、歯科医院を探すときにその医院の感染症対策についての取り組みを知っておくことが命に関わる大事な問題です。感染症対策は重要な問題なので、その取り組みについてホームページ上で具体的に示している歯科医院もごく普通になっているので、まずはそこを見てください。
人工物であるインプラントが虫歯になることはありませんがお手入れなしで長持ちするということにはなりません。
特に人工歯根に異変があったら、すぐに診てもらわなくてはなりません。
自身の歯と同様、プラークコントロールができていないと歯周病になり、インプラント治療が脱落する可能性もあります。残っている自分の歯と同じく、歯科医に指示されたブラシなどがあればそれも使い、セルフケアは欠かさないようにしましょう。
その上で、定期的に歯科医院でメンテナンスをしてもらえば完璧です。全てのインプラント患者にとって、治療にかかる費用は気がかりでしょう。
実は、かかる費用は統一されておらず、歯科医院によって大きく異なります。何しろ、ほとんどが自由診療なので、費用を自由に設定できるのです。
ただし、おおよそ相場は決まっています。欠損歯一本に対するインプラント治療なら、30万円から50万円程度が一般的な相場とみて良いでしょう。
典型的なインプラント治療治療は、3ステップあると考えてください。
第一に、歯茎を切り開き、あごの骨を削って人工歯根を埋め込む、それからあごの骨や周辺組織と人工歯根がしっかり結びつくのを待ち、第三段階として歯根の上にアタッチメントをつけて、さらに義歯をかぶせるというプロセスをたどります。
時間を要するのは、人工歯根の周りに組織ができて骨にしっかり定着するまでで定期的に検査をしながら、2ヶ月から6ヶ月の期間を必要とします。このため、インプラント治療治療を始めてから義歯を使えるようになるまで、最短で3ヶ月、最長で10ヶ月ほど必要になってくるわけです。
インプラント治療を検討している方、大事なのは自分にとって一番良い治療をしてくれる歯科医を見つけることです。治療に必要な技術を身につけていることはもちろんですが、手術に至るまでの検査や治療、術後のアフターケアなどの点で歯科医の技量は厳しく問われるので差は大きいと断言できます。インプラント治療は、他の治療に比べても、歯科医による結果の差が大きい治療法だということを理解してください。
歯科医選びに全力を尽くすことがその後の快適なインプラント生活を決めると言って良いでしょう。忘れてはいけないインプラント治療のメリットとして治療終了後、義歯だと気づく人は本当に少ないという点です。歯茎から生えているので、見た目も自分の歯に近く自然な感じを保てるので自分から、義歯だと他の人に明かさないでいればいかにも義歯だと思われることはほとんどありません。
自然な見た目を重視している場合、この治療方法を選ぶべきでしょう。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ