希望すれば誰でも、インプラント治療を受

希望すれば誰でも、インプラント治療を受けられるとは言えず失敗の可能性が高いため、治療できないといわれることもあるのです。
でも、断った理由として「あごの骨の強度や厚さが十分でない」だの「インプラントを埋入し、義歯を支えるだけの骨の幅がない」であったとするなら治療をあきらめるのはまだ早いのではないでしょうか。
歯科医の腕と設備次第で、少し前なら、インプラント治療はできなかったケースでも治療ができるようになっています。
よく調べて、最先端の治療が受けられる歯科医院を十分調べてください。人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、骨になじませるのがインプラント治療です。術後の患者さんは、ほとんどが多少の違和感があるといいます。
数日たって腫れが引けば、だいぶなじんできますから変な感じがしても、触ったり刺激するのは止めるように歯みがきも気をつけてください。もしも、十日以上経っても浮いた感じが治まらない場合や、痛みが続いていたり、腫れや出血が止まらなかったりする場合、その原因を究明し、対応することが求められます。
こうなれば我慢は必要ありません。すぐに診療を受けましょう。
重要な確認事項として、インプラント治療を始める前にあごの骨が治療に耐えられるかどうか調べてください。特に要注意なのは歯周病や顎関節症で、まずあごの骨の状態を完璧にするために、その病気を完治させる問題が生じます。
また、美容整形であごの骨に手を加えた方も治療にかなりの危険が伴います。
ただし、これらの既往症があっても治療できないといわれる可能性は低いためきちんと歯科医に相談することが大事です。
歯科治療のインプラントとブリッジ、どこが違うかといえば、そもそもインプラント治療とは何かというと、あごの骨に開けた穴に人工歯根を埋め込んでその上に義歯をかぶせます。
ブリッジ治療とは、欠損した歯の両隣に残った歯を柱状に削り、ブリッジをかぶせるのです。審美性を考えた場合、どちらかというとインプラントが優位に立ちます。加えて、ブリッジ治療では、健康な歯をブリッジのために削ることを迫られる辛さもあるのです。
長い期間と費用をかけたインプラント治療は、治療が終われば後はほっておいて良いわけはなく、セルフケアを怠ってはなりません。
毎食後に磨き残しがないようブラッシングしてプラークコントロールを継続した上でインプラントだけでない口腔内全体の様子を、定期的に診てもらうことが欠かせません。インプラントは虫歯にならないとはいえ、ケアが行き届かなくなると歯周病になることは珍しくありません。インプラントが固定され、義歯が不自由なく使えればインプラント治療も終わります。
それからも歯科医によるメンテナンスは必ず必要になるのでその都度、費用がかかります。
普通は、三ヶ月に一回のペースで定期検診を受けるように言われます。
この定期検診に必要なお金は基本的に保険が適用されるので約三千円とみれば良いでしょう。
特に異常が起こらない限り、年に1万円か2万円のお金がかかると見積もっておきましょう。
一般的にはインプラント埋入手術を日帰りで行います。
使われるのは部分麻酔で、全身麻酔になることはほとんどありません。
血液や循環器系に、障害や持病を抱えている場合は入院設備が整ったところで手術する必要もあります。また、インプラントを埋入するあごの骨の厚みがないと、埋入の前に骨移植が必要になることもあります。
腸骨などの自家骨を採取し、骨が薄いところに移植するという手術では、手術が二回以上になる場合や、入院する場合もあります。
これらのどこかに当てはまる方は信頼できる歯科医とよく話し合った上で、治療計画を立てていってください。
人工歯根を骨に埋め込むといっても、インプラントはそれによって金属アレルギーを起こすことはまずありません。
外科手術で入れられるボルトと同じ素材で、チタン、セラミック、金などアレルギーを起こすことは極めてまれな素材でできているからです。
インプラント治療はほぼ全て保険外治療であり、その全額が自費になるのが普通です。経済面でも余計な負担にならないよう、金属アレルギーの患者さんはアレルギーの可能性について、治療を始める前に歯科医に話しておくと一番良いでしょう。インプラント手術の未経験者にとってどんな痛い手術なのだろうと思うかもしれません。
インプラント埋入手術を受けても、大して痛くないのが普通です。
麻酔の効き方を確認しながら手術するのが普通だからです。
手術が終わって麻酔が切れると、場合によっては痛みが出てくるケースもありますが、痛み止めは頓服として処方されますので長い間痛みに苦しむことはほとんどないと言えます。残念ながら、インプラント治療は普通は保険適用外で、全て自己負担ですが、しかし、医療費控除の対象ではあります。医療費控除を受けようとすれば、確定申告の期間中に治療費を収入から引くことができます。医療費控除を受けようとすれば歯科医を利用したときに必ずもらう領収書が必ず要求されるのでなくしたらおしまいのものとして他の医療費とともに、1年分をもれなく保管してください。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ