歯科治療とは言え、インプラント埋入

歯科治療とは言え、インプラント埋入手術の後は、手術箇所が落ち着くように、安静に生活を送ってください。日常生活には極端な制限はありませんが、日常生活以上の負荷がかかる運動は避けた方が良いです。血行が良くなると、傷口から出血する可能性があります。日頃から運動をしている方は、どうなったら再開できるか、歯科医と確認しておきましょう。
入れ歯では噛んだ感じがしない方や、また、入れ歯にすること自体が嫌だという方にとって適用されるのがインプラント治療です。インプラント体と呼ばれる人工歯根の埋入手術をして、そこへ上部体という人工歯の部分をかぶせる治療で、入れ歯に比べれば費用はかかりますが入れ歯よりもはるかに自然な見た目で、自分の歯と同じように使えるので、食事も美味しいと思えます。
あくまでも見た目、もしくは使った感じを譲れない方にふさわしい治療です。インプラント治療が、喫煙によって阻害される危険性は決して看過できるものではありません。
インプラント治療には数ヶ月、あるいはそれ以上かかる覚悟をしなければなりませんが、埋入手術後、周辺組織が回復して、人工歯根とあごの骨がしっかりつながることが次のステップに進むための条件です。組織の形成や血液循環に対し、ニコチンや一酸化炭素などはかなりマイナスに作用します。
インプラント治療を順調に終えようとするなら、最低でも手術から治療終了までの間、がんばって禁煙に励みましょう。インプラント治療の大きな問題は、費用の問題も大きいと思います。ほとんどのケースは保険適用外で、全面的に自由診療になることが普通であるためインプラントを何本埋め込むのかや、どんな材料を選ぶかによってかなり費用が違うことも確かで、自由診療のため、歯科医院によっても思いの外費用は違ってきます。そして、定期検診にも費用がかかってくるという点にも注意が必要です。
どんなケースであっても、インプラント治療を受ける際に重視してほしいのは歯科医と歯科医院をどのように選ぶかです。
この治療には、専門的な判断と技術を要することがあるためとにかく数多くのインプラント治療にあたってきたなるべく経験豊富な歯科医に治療してもらうように努めてください。
また、できれば必要な費用についてきちんと話してくれる、感染症予防策をはっきり示している、いつでも治療の状況や、口腔内の状態について明確に答えてくれるといったことも重要なチェックポイントになります。
どんなインプラントも永久に虫歯から免れますが、インプラントの周りが炎症を起こすことがあります。
せっかく行ったインプラントを維持するためにはケアが欠かせないわけで、維持していくためには、歯科医の指導に従った毎日のケアと、定期検診やクリーニングはずっと続きます。
ケアが完璧であっても、歯茎の腫れや出血、口臭などの症状があればインプラント周囲炎の症状かもしれません。
放置すると炎症が広がるので至急歯科医にかからなければなりません。
インプラント埋入手術の直後、周囲の歯に違和感が出てくることがあるでしょう。人工歯根を埋め込んだことで、その付近の歯の神経も刺激を受け、反応したためでインプラントが落ち着けば、その反応も静まることがほとんどです。
しかし、他の原因から生じることもあるので、異変を感じた場合は放っておかずに歯科医にみせることが治療を成功させるために必要です。インプラントとクラウンがどう違うかというと、自分の歯根を使えるかどうかの問題です。差し歯は無理で、義歯が必要になっても、歯根部を支えとして残すことができれば冠状の義歯としてクラウンという義歯をはめられます。
これに対し、抜歯した後は、まず考えられるのは入れ歯ですが、その他に歯根部の代用として、あごの骨に人工歯根を埋入するインプラント治療を検討することになります。様々な条件から、普通のインプラント治療は困難とされ、限られた歯科医の治療を受けようとすれば海外に渡ってでも治療を受けるということも考えていきましょう。
インプラントに関しては、北欧諸国が技術的に優れており、世界各国から集まった歯科医が、研修して技術を身につけています。
一生使える第二の歯を求めて、安易に妥協せず、全力で、あらゆる方面から情報を集めてみることをがんばってみましょう。
普通、インプラント治療の全部が自費治療なので、高額の費用が負担となる方も多いのが当然です。
それでも、クレジットカードが使えるところや、いわゆるデンタルローンのような独自の分割払いを取り入れた歯科医院が多く、けっこう融通が利きます。現金で費用を一括払いする必要なく、自分が希望する治療を始めることはできるケースが増えました。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ