代表的なインプラント治療適用のケースは、

代表的なインプラント治療適用のケースは、他の健全な歯を傷つけるのは避けたいという場合があります。例えば、ブリッジ治療をするためには両隣の歯を支えにするため、一回り削る必要がありますが、インプラント治療はあごの骨に歯根を埋入するので、失った歯のみに働きかける治療と言えます。
他の歯に影響を与えずに、失った歯を再生したいという希望がある方にはやはりインプラント適用が一番でしょう。
インプラント治療はどのような流れかというと、3つの段階に分けられます。
まずは人工歯根をあごの骨に埋め込みます。
あごの骨、及び周辺組織と人工歯根がなじみ、定着するのを待ちます。それからアタッチメントという連結部分をはめ込み、義歯をつける、というプロセスをたどります。人工物を骨に埋め込むのですから、組織が歯根の周りにできて骨に定着するまでには時間がかかり、約2ヶ月から6ヶ月見ておかなければなりません。
インプラント治療治療の開始から、本格的な義歯を入れるまでに最短で3ヶ月、最長で10ヶ月ほど必要になってくるわけです。
人工物であるインプラントが虫歯になることはありませんがメンテナンスをしなくて良いと思ったら大間違いです。小さな損傷を放置すると全体が傷んでくることもありますし歯茎と歯根の間に細菌感染が起これば歯周病になり、インプラント治療が脱落する可能性もあります。残っている自分の歯と同じく、歯間ブラシやフロスが使えれば活用して、毎日のセルフケアを怠らないことが大切です。
その上で、定期的に歯科医院でメンテナンスをしてもらえば完璧です。
全てのインプラント治療患者にとって、どのくらい費用がかかるか心配だと思います。
ちょっと調べればわかりますが、治療費は地域や、歯科医によって大きく異なります。
なぜなら、インプラント治療は保険適用外がほとんどで、金額は歯科医院次第です。ただし、おおよそ相場は決まっています。インプラント治療一本の場合、安くて30万円ほど、高ければ50万円ほどがおおよその相場と考えてください。
インプラント治療は歯根部がチタン製であることが多く、特長として、骨に埋め込んだとき調和性が高く、アレルギーの発症例も少なくなっています。もちろん、治療を始める前にはCT検査、レントゲン検査、口腔内検査など一通りの検査を行い、治療適用が妥当となったところで初めて治療開始となるので患者の意見や疑問も十分聞き入れて治療を行えます。
一通りの治療が終わったあとは、メンテナンスを定期的に行っていくことで、安全性や快適性は長期にわたって確保されます。
高額なインプラントは、一体何年くらいもつのかというと、長く使っている症例は多くないのが現状ですが、日頃のケアと、定期的なメンテナンスによって自前の歯と同じレベルの耐久性を保てるとされています。
ということは、日頃のケアを欠かさなければ長い間自分の歯と同じように使えますが、日頃のケアが行き届かないと取り返しのつかない事態が起こってしまうと考えなければなりません。
インプラント治療治療を検討している方、大事なのは検査からメンテナンスまで、安心して任せられる歯科医に出会えるかどうかです。この治療独自の技術を身につけた歯科医であるかは当然として、埋入手術までの検査、治療、手術後のケアなどでも全ては歯科医の裁量にかかっており大きく違ってくると言うべきです。インプラント治療の場合、歯科医による治療成績の差が特に大きい治療法なのは明らかで、とにかく入念に、歯科医選びをすることが治療全体の大きな部分を占めます。
ある程度の規模の歯科医院で、普通の外来診療のみで行う普通のインプラント治療治療の中でも、当然、院内感染のリスクはゼロではありません。ですから、歯科医院を決めるときにその医院の感染症対策についての取り組みを知っておくことが重要事項の一つになります。
近年、院内感染への関心が高まっていることもあり、予防策をホームページ内で述べている歯科医院も確実に増加していますので、調べるときは参考になるでしょう。
忘れてはいけないインプラントのメリットとして仮歯を入れた後、義歯だとわかることはまずないと考えてください。歯茎から生えているので、見た目も自分の歯に近くかなり自然にうつり、インプラント治療だとカミングアウトしなければいかにも義歯だと思われることは考えなくて良いのです。
自然な見た目を重視している場合、最適な治療と言えます。インプラント治療が難しいとされる最大の理由は、治療に失敗した場合、再度同じ治療を行えなくなる点です。他の入れ歯やブリッジ、クラウンといった義歯と違う点として、人工歯根とあごの骨を結合させてしまうので何らかの理由でインプラント治療と骨がなじまず、インプラントがしっかり固定されないというアクシデントがあれば再手術を迫られ、骨を大きく削り直すことになります。また、あごの骨を掘ってインプラント治療を埋入するため、周辺の神経を損傷する危険性もあります。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ