インプラントが固定され、義歯が

インプラントが固定され、義歯が不自由なく使えればインプラント治療も終わります。
それからも定期的なメンテナンスを受けなければなりませんので維持費がかかることを知っておきましょう。特に異常がなければ、三ヶ月に一回くらい歯科医のチェックや衛生士によるブラッシング指導を受けます。
メンテナンスの費用は保険適用の治療が基本となり三千円くらいかかります。標準的には、一年に1万円から2万円程度の維持費を見込んでおいてください。歯科治療で手術を受けたことがない方には、インプラント埋入手術はどのくらい痛い手術なのか、気になるでしょう。今では、どこで手術を受けても耐えられないほどの痛みを感じることはまずありません。麻酔の効き方を確認しながら手術の本番に入るためです。
手術が終わって麻酔が切れると、場合によっては痛みを感じることもあります。
痛みに備えて、頓服薬を処方されるので痛みを我慢できないというケースはほとんどありません。手術によって、人工物であるインプラントを体内に埋め込むので術後の患者さんは、ほとんどが違和感を感じるといわれています。
腫れがおさまると違和感は薄れるため腫れが気になっても、舌などで触るのは止めて歯みがきも気をつけてください。
十日以上経ったときに違和感が変わらない、あるいはさらにおかしく感じる場合や、痛みの増大、腫れ、発熱などの症状がある場合は、原因を突き止め、治療しなくてはなりません。
我慢しなくて良いので、歯科医の診療を受けましょう。
もし、インプラント治療前に歯科や口腔外科のの既往症があればあごの骨が治療に耐えられるかどうか調べてください。特に、歯周病や顎関節症の既往症があれば、治療開始前に既往症を完全に治しておくのがとても大事です。それから、美容整形や外傷といった、あごの骨に手を加えた経験がある方もインプラント治療のリスクが増大します。
今は、このような病歴があるからといって治療できないといわれる可能性は低いため不安がなくなるよう歯科医に相談してください。
理由は様々ですが、希望すれば必ずインプラント治療を受けられるとは限らず、インプラントの埋入まで行けないこともあります。
しかし、理由として「あごの骨に十分な厚みがない」ことや「インプラントを埋入し、義歯を支えるだけの骨の幅がない」であったとするならもう少し粘ってみてください。
歯科医の腕と設備次第で、以前なら、インプラント治療は不可能とされていた症例でも治療ができるようになっています。
通える範囲で、できるだけ最先端の治療を提供している歯科医院を調べ、 相談してください。
1本から2本の欠損した歯に対して、インプラントもブリッジも適用できますがインプラント治療は、あごの骨を掘って、人工歯根を埋め込んでその上に義歯をかぶせます。
ブリッジ治療では、橋桁状の義歯をつけるために、両側の歯を支柱のように削り、上からブリッジをかぶせるのです。治療後、一見した感じでは、どちらかというとインプラントが高い評価を得るでしょう。また、ブリッジ治療は、健康な歯を犠牲にしなければならないという覚悟もしなければなりません。インプラント埋入手術では局所麻酔を使います。入院することはめったにありません。出血が止まりにくい病気や、循環器系の持病がある場合は、入院して手術しなければならないケースもあります。
また、インプラントを支えるだけの強度を持った骨がないとすれば、まず骨を形成する手術が必要です。腸骨など自分の骨を削り出し、移植する場合、入院して手術するケースも実際にあります。
このような難しい治療を行う場合、治療が他よりも長い期間にわたることを知っておくべきです。
人工歯根を骨に埋め込むといっても、インプラントはインプラントが金属アレルギーで入れられないことはまずありません。
骨に埋入する部分はほとんどチタン製で、その上もセラミックや金などアレルギーの原因となることはほとんどない素材を使っているためです。
健康保険が適用されるインプラント治療はごくまれで、全額自費が当たり前のため、経済的負担は大きくなります。
経済面でも余計な負担にならないよう、金属アレルギーの患者さんは遅くとも手術の前までに、歯科医に確認しておくと不安なく進めていけるでしょう。
がんばって終わらせたインプラント治療も、治療完了後、そのままで良いという訳にはいかず、不断のケアが求められます。
食後の丁寧な歯みがきによるプラークコントロールに注意を払い、さらに異常がなくても、定期的に歯科医院で診察してもらうことを続けなければなりません。人工物のインプラントでも、ひとたびケアの手を抜けば歯茎に異常が起こり、歯周病などにかかることはよくあります。インプラント治療も医療行為ですが、全額自己負担で、ごくまれにしか保険適用されませんが医療費控除の対象なので、ぜひ受けましょう。
手間はかかりますが、年一回の確定申告によって収入から医療費を控除されます。確定申告をするときの注意点として歯科医でお金を払ったときにもらう領収書が支払いの証拠となるためなくしたらおしまいのものとして暦年の1年分、しっかり取っておきましょう。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ