皆さんがインプラント治療をためらう原因

皆さんがインプラント治療をためらう原因といえば、何といっても費用の問題でしょう。
おおむね保険適用外で、当然のように全て自由診療になってしまうのでインプラントは何本埋め込むのか、失った歯何本分か、義歯などの材料は、などの要因で費用の差が出てきます。また、どの歯科医院を選ぶかによってもずいぶん費用は変わってきます。
また、定期的なメンテナンスも必要といったことも他の歯科治療と異なります。
入れ歯で食べることに抵抗がある、あるいは入れ歯だと見た目が気になるという方に選択肢としてインプラント治療があります。チタン製の人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、それから人工歯をつけるため、おおむね保険適用外となり、治療費は高額ですが入れ歯よりも見た目の自然さに優り、自分の歯と同じように噛めるので、食べ物も美味しく感じられます。
あくまでも見た目、もしくは使った感じを重視する方には最適です。
基本的に全て自費治療となるのが、インプラント治療の現状です。高額の負担が重くのしかかる方も多いのが当然です。
しかし、クレジットカードの分割払いや、いわゆるデンタルローンのような分割払いに申し込める便利な歯科医院も多くなってきました。
費用全てを現金で一度に支払えなくても、受けたい治療を受けることが実現できるようになりました。
歯科治療とは言え、インプラント埋入手術の後は、極力安静を保って過ごさなければなりません。力のかからない日常生活ならば大丈夫ですが、明らかに負荷がかかるレベルの運動はしばらく行わないようにしましょう。
血行が良くなることで、出血がおさまらなくなることもあります。日常的に運動を続けている方なら、いつから再開して良いか、歯科医と共通理解しておくと良いでしょう。インプラントの特徴として虫歯になる可能性はゼロですが、インプラント周囲の組織に異常が起こることはあります。長期間快適にインプラントを使うためには日頃のケアが重要で、歯周病を予防するために、毎日のセルフケアと定期検診を忘れることはできません。
ですが、インプラントを入れた後、歯茎の腫れや出血があればインプラント周囲炎を起こしているかもしれません。放置は禁物で、炎症がひどくなる一方ですから一日でも早く歯科医の診療を受けましょう。
インプラント治療の成果を左右する生活習慣はいくつかありますが、その中でも喫煙の影響は小さくないと覚悟してください。一般的なインプラントの治療は数ヶ月かかりますが、埋入手術後、周辺組織が回復して、人工歯根とあごの骨がしっかりつながることが治療の成否を分けます。
組織の形成や血液循環に対し、ニコチンや一酸化炭素などは確実にマイナスの作用があります。
インプラント治療を順調に終えようとするなら、最低でも手術から治療終了までの間、禁煙を決意してください。
いわゆる困難な症例で、真にインプラント専門の歯科医でないとできないなら、国外までも探しにいくということも考えていきましょう。
インプラント治療は北欧諸国が特に進んでおり、世界各国から集まった歯科医が、研修して技術を身につけています。
インプラント治療で、失った歯を取り戻すためには決してあきらめてはいけません。できるだけ幅広く情報収集することが夢をかなえるためには大事です。
どんなケースであっても、インプラント治療を受ける際に重視してほしいのはどのようにして歯科医と歯科医院を決めるかです。一般的な歯科治療の腕だけでなく、特殊な技術を求められるのでたくさんの症例を治療してきた経験を積んできた歯科医にかかることが望ましいのです。それはもちろんのこと、どの治療にどれだけ費用がかかるかきちんと説明してくれる、スタッフ全員で感染症予防に取り組んでいる、いつでも治療の状況や、口腔内の状態について明確に答えてくれるといったことも信頼できる歯科医を選ぶために必要な情報です。「インプラントとクラウンの違いは何?」という疑問の答えは、義歯が自分の歯根に支えられているかどうかです。虫歯などで大きく歯を削り、差し歯では不十分であっても歯根部が健全であれば冠のような形の義歯をつくり、クラウン治療が可能になります。
根元から歯を抜いたときの選択としては、入れ歯もありますが、なくなった歯根の代わりに、人工歯根を埋め込むインプラント治療を適用する可能性があります。手術して人工歯根を埋め込んだ後、周囲の歯に違和感が出てくることがあるでしょう。
これは、人工物を埋め込んで付近の歯の神経も刺激を受け、反応したためで時間が経つにつれておさまってくるケースが多いです。
別の原因が隠れていることもあり得るため、インプラントがなじむまでの間は特に、速やかに歯科医の診断を受けることを忘れないでください。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ